2017年10月15日

◆Love music 「DREAMS COME TRUEスペシャル 〜ドリウタフェス2017〜」

DREAMS COME TRUE
あなたと同おんなじ空の下
LOVETIDE
決戦は金曜日 with 三浦大知
大阪LOVER

笑顔の行方 D-LITE(from BIGBAMG)
決戦は金曜日 三浦大知
さよならを待ってる Ms.OOJA
何度でも 山本彩
Ring! Ring! Ring!Little  Glee Monster

◆Love music 「DREAMS COME TRUEスペシャル 〜ドリウタフェス2017〜」の動画を見る
posted by dougachan at 21:03 | 歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

◆バズリズム 「ゲスト/福山雅治 2年ぶり、3回目の登場になる福山雅治さん。 福山さんから「バカリズムと何か作りたい」との希望でかつてないオリジナルライブ創作SPと題し、 バカリズムと一緒にライブ企画をしてもらいました。」

◆ お客さんのくくり  
男限定、女限定、10代限定など様々なくくりでのライブを行なっている福山さん。  バカリズムからは人妻限定、巨乳限定、公務員限定などのアイデアが出される中、  独り身の男女限定で、座席を男女交互にするというアイデアには  福山さんも「有力ですね」とコメントされました
◆ スペシャルシート  
続いてはライブの定番となりつつあるスペシャルシートについて。  バカリズムからは福山さんでなくなぜかバカリズムに会える“バカリズムシート”というアイデアが。  さらに、福山さんからはバカリズムがライブの解説してくれる副音声付きでやろうと意見をいただきました
◆ ライブタイトル  
これまでユニークなライブタイトルを数々考案してきた福山さん。  今までに一度出したアイデアが会場側からNGをうけたこともあるそうです。  そんな福山さんからは「バカリさんならではの知的なタイトルをつけてほしい」とのリクエスト。  これまでのタイトルが長いものが続いていたということで短いものにしようというアイデアが。  そこでバカリズムが福山さんを1文字で表した“け”がライブタイトルに採用されることになりました。
◆ ツアーグッズ  
まずは福山さんがこれまでに出してきたツアーグッズを参考にオリジナルグッズを考案することに。  様々なグッズがある中、バカリズムが気になったのは「フクヤマッサージ2号 nano」  実はnanoでなく大きいサイズのものも受注生産する予定が、クレームが入り発売中止になったとのこと。  グッズを見ていった結果、オリジナルのツアーTシャツをデザインすることになりました。  バカリズムのアイデアでTシャツをアレンジする人のために切り取り線をデザインすることに。  また、ライブタイトルである“け”を胸元に刺繍で入れることでTシャツデザインも完成しました。

スタジオライブ:「聖域」

◆バズリズム 「ゲスト/福山雅治 2年ぶり、3回目の登場になる福山雅治さん。 福山さんから「バカリズムと何か作りたい」との希望でかつてないオリジナルライブ創作SPと題し、 バカリズムと一緒にライブ企画をしてもらいました。」の動画を見る
posted by dougachan at 21:12 | 歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

◆SONGS 「工藤静香 30周年スーパーヒットライブ」

デビュー30周年記念スタジオライブ。
ヒット曲だけの10曲スーパーメドレーを披露する!
”うしろ髪”のあの曲も!
さらにプロインタビュアー・吉田豪が静香の本音を引き出す。

今年、ソロデビュー30周年を迎えた工藤静香が、「SONGS」に出演する。
今回、ファンを集めたSONGSだけのスペシャルライブを開催。代表曲10曲によるスーパーメドレーを届ける。 メドレーでは、なんと、おニャン子クラブから派生したあの伝説的ユニット“うしろ髪ひかれ隊”の曲「時の河を越えて」を、テレビで30年ぶりに披露。
さらに、「MUGO・ん・・・色っぽい」「嵐の素顔」「慟哭」「黄砂に吹かれて」「くちびるから媚薬」「抱いてくれたらいいのに」「FU−JI―TSU」「恋一夜」「千流の雫」。ヒット曲だけ!怒涛の10曲を集めた。
また、静香が“若い女性の背中を押してあげたい”という思いを込めて作詞したと語る「鋼の森」も、テレビで初披露する。
そして、アイドルからプロレスまで、サブカルチャーの分野で縦横無尽の活躍を続ける、“プロ・インタビュアー“吉田豪が、初対談で工藤静香の本音に切り込む。
工藤本人すら忘れていたような「過去の発言」を吉田豪が発掘。「絶対にしたくないことは?」の質問に対する、かつての回答を明かされ、静香も「冷や汗出てきた」とたじたじに。アイドル時代から今まで、工藤が大事にし続けてきたことや、工藤の生き方が、浮き彫りになる。

工藤静香 スーパーヒットメドレー Part1
「嵐の素顔」(1989)
「恋一夜」(1989)
「くちびるから媚薬」(1990)
「千流の雫」(1990) 「慟哭」(1993)

工藤静香 スーパーヒットメドレー Part2
「時の河を越えて」(1987)
「MUGO・ん…色っぽい」(1988)
「抱いてくれたらいいのに」(1988)
「FU-JI-TSU」(1988)
「黄砂に吹かれて」(1989)
「鋼の森」(2017)

(Pf/Key)澤近泰輔 (Dr)佐藤邦治 (Gt)南明男 (Ba)金森佳朗 (Cho)坪倉唯子

◆SONGS 「工藤静香 30周年スーパーヒットライブ」の動画を見る
posted by dougachan at 21:20 | 歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...