◆another sky-アナザースカイ- 「梅沢富美男 韓国/ソウル 50年前から通う馴染みの場所であり、役者・梅沢富美男の女形の原点」

▼韓国でも人気!梅沢富美男の役者人生を変えた韓国でその答えに迫る!

▼カンジャン市場で食べ歩き。料理好きが思わず唸る絶品屋台メシが続々登場!50年前から通う梅沢ならでは、 元カノとの?エピソードがポロリ。逢瀬の際に言われたドラマのようなセリフとは?東大門にある問屋ビルで舞台衣装の生地を購入。

▼知られざる役者人生が明らかに。亡き恩師の元を訪ね15年ぶりに韓国の伝統舞踊に挑戦。そして役者人生の終活を語る!


◆another sky-アナザースカイ- 「梅沢富美男 韓国/ソウル 50年前から通う馴染みの場所であり、役者・梅沢富美男の女形の原点」の動画を見る
posted by dougachan at 18:02 | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

◆情熱大陸 「科学者 落合陽一 “現代の魔法使い”と呼ばれる異能の科学者のアタマの中に密着。前代未聞のテクノロジー時代を生き抜くヒント、ココにあり!」

“着る音楽”を実現するために20ものスピーカーを実装した革ジャン、超音波を使って空中に描く絵画、触ることが出来る光…ITを活用して「誰も見たことのない」装置やアートを次々と開発し、“現代の魔法使い”と呼ばれる男がいる。2015年、28歳の若さで世界最先端の研究者を選ぶ米・ワールドテクノロジーアワードを、青色発光ダイオードの中村修二さん以来日本人として2人目に受賞。現在は30歳にして筑波大学学長補佐、助教を務めながら、コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的作品やAIを使った研究開発で様々な企業とコラボレーションする会社の代表を務めている。その独創的な発想や発言に注目が集まり、「メディアアーティスト」という肩書でテレビ番組や講演会にもひっぱりだこだ。 人工知能社会に到来によって近い将来、人間は7〜8割もの仕事を機械に奪われ機械に管理されるといったネガティブな予測が注目される中、落合はそれを真っ向から否定。むしろ凝り固まった人間性へしがみつくのをやめて、「人間もアップデート」することを目指し、自然な形で機械と人間が融合する「デジタルネイチャー」という新たな世界観を説く。 番組では、睡眠時間は一日平均4時間、研究に没頭し始めると主食はお菓子のグミやガムになる(眠くなるので)という、落合の“特異な”研究生活に密着。イルカとコミュニケーションをとるための研究や、この2年間あたため続けてきたという「次世代の“ディスプレイ”」開発着手の風景など、常に膨大なプロジェクトを同時進行させながら新たな価値観を生み出す奇才の頭の中とは…。落合の思い描く未来を徹底分析することで、これからの時代を生き抜くヒントを探る。

◆情熱大陸 「科学者 落合陽一 “現代の魔法使い”と呼ばれる異能の科学者のアタマの中に密着。前代未聞のテクノロジー時代を生き抜くヒント、ココにあり!」の動画を見る
posted by dougachan at 22:34 | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...