2017年09月11日

◆完成!ドリームハウス 「斜めに反りたつ壁で大空間のリビングを実現! 夫婦で使えるこだわりキッチンに 思い出の贅沢檜風呂。 段差だらけですが建築家の魔法で快適空間に。密着168日!」

今回の施主、下山さんは、現在神奈川県にある会社の社員寮で夫婦と娘の3人で暮らしています。 そんな下山さんが新居を建てるのは、都心へのアクセスの良い桜の名所、聖蹟桜ヶ丘。 建築予定地は、下山さんの親戚が長年住んでいた家の跡地でもあり、自らも学生時代に下宿していた思い入れのある場所。もう1人子どもが生まれることもあり、今回そこに、新しい家族を迎える家を建てる事を決意したのです。
建築面積13.8坪の菱形の変形地に、希望は3階建て。さらに、家族旅行の思い出である“十和田石”と“ヒノキ”のこだわり風呂や、夫婦で使える使いやすいキッチン、便利な家事動線など、叶えたい夢がいっぱい。 しかし、希望を叶えるための建築家の様々なアイデアの中には、職人さん泣かせのものも…。 果たしてどんなドリームハウスが完成するのでしょうか?


【お笑い動画リンク】

posted by dougachan at 20:47 | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...